ホテルテトラ
鶴見

東京・横浜・川崎への出張や観光に便利なビジネスホテル

こんにちは!フロントの髙木です。

本日から3日間行われます、大本山總持寺さんの納涼祭「み霊祭り」についてお知らせいたしますね!

先日もお知らせいたしましたが、いよいよ本日から開催です!

ホテルからは歩いて10分程の距離にございます、大本山總持寺さん。
正式名称は「諸嶽山總持寺(しょがくさんそうじじ)」といいます。

「み霊祭り」とは…?
長い歴史のある大本山總持寺さんで開催される、大規模な夏のイベントです。
なんと今年で71回目を迎えられます!
参道は御灯明によって幻想的に照らされ、僧侶さんと踊る盛大な盆踊り…さらには夜空を飾る打ち上げ花火など、總持寺さんでしか味わえない感動があります。
盆踊りなんて踊ったこと無い・・・なんて方にも僧侶さんがやさしく指導して下さいますのでご安心ください!
万灯供養では、ご先祖様や親しき御霊へのご供養となる灯明のお申込みも受け付けていらっしゃるようですので、わからなかった際には僧侶さんに聞いてみてくださいね。

・盆踊り大会 ・打ち上げ花火 ・万灯供養
上記のものは17日~19日まで全日で行われます!
お時間がございましたら、ぜひ鶴見の夏の思い出にいかがでしょうか?

 

こんばんは!ホテルテトラ鶴見の柏木です。

明後日7月14日にホテルテトラ旭川駅前がオープン致します。旭川駅からすぐございますので、ビジネスや観光にとっても便利!旭川にご用のある方は是非一度お立ち寄りくださいませ♪

こんにちは、フロントの根本です。

『モネ それからの100年』と題した展覧会が横浜美術館で平成30年7月14日(土)から9月24日(日)まで開催されます。

今さら、印象派とか今さら、モネという方もいるかも知れませんが、この展覧会はモネが画業の集大成となる『睡蓮』の大装画に着手してから約100年、その画業が後世代にどのように受け継がれ、またなぜこのような長い間モネの画が愛され続けるのかを探っていこうというコンセプトを持ったものです。

今回展示のモネの画25点の中には日本初公開のものもあるようです。また、後世代の作家、ロスコ、フランシス、ウォーホル、リキテンスタインらの展示作品を鑑賞することにより、「モダンアートの先駆者」と称されるモネの作品の革新性が浮き彫りなってくるという企みも施されているようです。さらには、絵画だけでなく、版画、写真、映像など幅広い分野の現代アートも展示され、モネの芸術と今日のアートとの間の時代・地域・ジャンルを超えたつながりを見出していこうともしています。

モネが刻々と移り変わる光を睡蓮において写し取ろうとしたように、モネの睡蓮もまた移ろう光のように姿を変え、時代時代の中を揺蕩っているようです。

当ホテルテトラ鶴見にお泊りになって、横浜美術館まで足をお運びになって、モネの芸術が時代や地域を超えて、皆に愛される理由をあなた自身で見つけ出してはいかがですか?

横浜美術館へは、みなとみらい駅「みなとみらい」駅からマークイズ「グランドガレリア」経由徒歩3分。JR京浜東北線・根岸線・横浜市営地下鉄「桜木町」駅利用徒歩10分。

 

こんばんは!ホテルテトラ鶴見の柏木です。今日はキリンビール 大人の夜の工場見学をご紹介します。
~そうだ!ビール工場に寄り道しよう~「キリンビール 大人の夜の工場見学」を8月までの第3水曜日に開催!
帰りにぷらっと夜の工場見学をしてみませんか?キリン一番搾りのおいしさの秘密をたくさん発見して、工場直送の生ビールを2種類までお楽しみください!こちらのキリン横浜工場は当ホテルから20分の距離にございますので興味のある方は是非ご参加してみてはいかがでしょうか!

美人旅

2018年7月1日

こんにちわ、ホテルテトラ鶴見の板村です。
今日も、行ってみたいゾーンの紹介をします。
栃木県足利市の厳島神社です。
全国で、唯一、美人弁天が、あると言われています。
昔から、足利市は、美人の町として知られているという事です。
美のご利益が、絶大という事で、美人旅というバスツアーも組まれているみたいです。第一、第三日曜日、美人弁天のご開帳に合わせてツアーが、組まれているそうです。
七福神の中で、唯一の女神で、美の神。水の神だそうです。
弁財天の化身は、2体あり、男性は、心の美、女性は、美人になるという。
内面の美しさを、証明してくれるお守りた、「美人証明」願望を実現させる力を引き出す護荷も100円から、売っているそうです。
内面の美しい人になりたいので、是非、行かないとですね。
と、思っています。

川崎大師の風鈴市

2018年6月27日

こんにちは!鶴見の米田です。

今回は川崎大師風鈴市の紹介です。

鶴見の隣、川崎市で今年も風鈴市が開催されます。
その音で涼を感じる日本伝統の風鈴、全国から900種3万個が集結し、お国自慢の風鈴が展示即売されます。
5日間で約30万人が訪れます。今年は7月18日から22日までの5日間です。
京急川崎駅より大師線川崎大師駅下車、電車を降りて左に進むと境内に続く表参道です。両側には、露天が並び祭りを盛り上げます。すずやかやかな音と涼を求めて、訪れてむてはいかがでしょうか・・・

み霊祭り

2018年6月24日

 

Good evening everyone!
Today i am going to write few things about spiritual festival which is called Mitama Machuri. It is going to held at Souji-ji(總持寺)Tsurumi,Yokohama city Kanagawa prefecture from 2018 july17~july19.Souji-ji is one of two daihonzan(大本山)”head temples” of Soto school of Zen buddhism,one of the largest buddhist institute in japan.
Bon odori is also done in this festival it is the dance for holding a memorial service for dead during the Bon period.You can also enjoy by watching fireworks and concerts.
If you are interested about Mita Machuri(spiritual festival) then this may be the good chance to visit Souji-ji and enjoy Mita Machuri because it only takes 10min by walking from our hotel. You can enjoy Mita Machuri and can have a good rest in our hotel.We will be always waiting for your response.
Thank you this much for today.
Front office Lama Paru.

こんにちは!
今日は、み霊祭りのテマで少し分かってるところだけ書きます。宜しくお願いたします。
大本山總持寺,み霊祭り盆踊り大会は昔は地域の盆踊り大会でしたが、最近は遠方からも多くの方が訪れ,コンサート会場の様に大に盛り上がります。すっかり鶴見の名物なっています。是非一度お越し下さい。み霊祭りをご参加した方は当ホテルにお泊まり下さいませ。当ホテルから歩いて約10分掛ります。お待ちしております。

 

フロントの根本です。今回は、鶴見駅ビル・シァル6階にある「永坂更科布屋太兵衛」をご紹介します。

私は、そばが好きで、住んでいる浅草なら、並木の藪、尾張屋、おざわ、十和田、翁蕎麦、千束の大黒屋、上野なら蓮玉庵、池之端の藪、神田ならまつや、かんだのやぶ、室町(日本橋)の砂場などなどをその日の気分で店を変えて、そばを食べ歩いています。

鶴見で、本格的な手打ち蕎麦を食べさせてくれるお店はないものか、とふと口にしたところ、女性スタッフが「それだったら、シァルの『永坂更科布屋太兵衛』がお奨めです。そして、特に御前そばを食べてみて下さい」とのこと。

で、さっそく行ってきました。そして、そのお奨めの“御前そば”を食べてきました。いきなり大盛りを頼みました。普通盛りでは足りないのです。致命的に“そば通”ではないのです。お腹を満たすのが先ず第一なのです。

そばは、ソバの実の甘皮を取り除いて精製したもので、真っ白く細い。ちなみに、これはそばの白米といわれているそうです。つゆはから汁とあま汁の二種類が出てきました。私は、この二種類を交互に食べるという、これまた通ではない食し方をしましたが、甘・辛を混ぜて食べるのも手だな!と食べ終わってから気づきました。今度は、そうしてみます。

さて、店名からもわかるように、ここの本店は麻布十番の「永坂更科布屋太兵衛」です。東京、神奈川だけでも11店舗の支店がありますが、ここ鶴見駅ビル・シァル店はなかなかのお奨めです。ホテルテトラ鶴見にお泊りいた際には、ぜひ、「永坂更科布屋太兵衛」・シァル店で、本格手打ちの更科蕎麦を手繰ってみては如何でしょうか?!

 

こんにちは!ホテル鶴見の高木です。
ホテル周辺には沢山の飲食店がございますので、本日は遅くまで楽しめるお店を2店ご紹介致しますね!

まずは、JR鶴見駅から5分ほどの距離にあります。
「大衆酒場 大鶴見食堂」さん。
地元の方で賑わう昔懐かしの大衆居酒屋さんです。
カウンターでテレビを見ながらゆっくり飲んだり、大勢でわいわいとするのもオススメです!
名物のチンチロリンハイボールの可愛い音が各所から聞こえてきますので、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

もう1店は、鶴見駅から電車を乗って次の駅、川崎駅から徒歩5分ほどの距離にあります。
「日本酒専門店 のすけ」さん。
100種類のお酒が3000円で無制限飲み放題で楽しんでいただけます。
お好きな物やまだ出会った事がないものに出会える、日本酒好きにはたまらないお店です!
運が良ければ珍しい種類もあるようですので、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

ゆっくり飲んで楽しんだ後は、是非ホテルテトラ鶴見でゆっくりお過ごしくださいませ。
ホテルテトラ鶴見のご利用お待ちしております!

 

こんにちは!ホテルテトラ鶴見の柏木です。今回は6/23から2日間開催される鈴木みのるデビュー30周年野外フェスティバル「大海賊祭」をご紹介致します。総合格闘技からプロレス、様々な団体を主戦場にそれぞれの場所でトップとして今なお活躍し続けている横浜出身のプロレスラー鈴木みのるは本年デビュー30周年を迎えます。この節目に自身が総合プロデュースするイベント「大海賊祭」を開催します。
「大海賊祭」は「横浜から世界へ!子供たちの可能性は無限大!」をテーマとした新たな形の屋外型スポーツカルチャーフェスティバルです。横浜市市民局、横浜市教育委員会の後援を受け「レスリング、格闘技を中心としたスポーツ振興」を軸に総合的なスポーツカルチャーの新たな促進イベントとして、心身ともに健全な青少年の育成を目的とした啓発、啓蒙の普及と地域の振興・活性化に寄与することを目的としています。
プロレスラーや格闘家だけではなく野球、サッカー、バスケ、ラグビー等の世界で活躍する本物のアスリートたち、横浜に所縁あるスポーツレジェンドたちが集結し、トークショーやエキシビジョンを行うと共に、スポーツ以外にも実力派音楽アーティストのライブやアートクリエーター等によるワークショップなど賛同企業や各団体の協力を得て子供たちが夢を叶えるきっかけ作りの場を提供します。鈴木が厳選したオススメの個性派飲食店舗が勢揃いするほか、会場限定オフィシャルグッズ販売、海賊ちびっ子ランド、海賊船「大海賊祭号」赤レンガ倉庫 横浜クルーズなど様々なコンテンツをご用意しておりますのでご家族でお楽しみいただけます。プロレスファン以外も楽しめるイベントとなっていますので興味のある方は是非横浜までお越しくださいませ。

Older Posts »
宿泊プランを見る: 日本語 English

オンライン宿泊予約ONLINE RESERVATION

ご宿泊人数

旅行代理店の方 契約法人の方